おやすみ、マトリョーシカ

おやすみ、マトリョーシカの撤収の日。
きさら堂さんで「今日のごはん」を頂いて、
食後にジンジャーミルクティーなる
洒落た飲物を飲んでいたらば、
「もらいものだけど」と言って、
きさら堂の奥さんがきしめんパイを下さった。
きしめんパイとジンジャーミルクティーの
組み合わせは最高だと思った。
味とか、なんかこうニュアンス的な面とかで、
すごくいいよ、と思った。
きさら堂さんの柱時計が22時を告げる頃から
撤収作業を始める。
といっても、特に大変な作業もなく、すぐ終った。
きさら堂さんの店長さんと奥さんと話をしている中で、
「じゃあ、又、来年も」という話になった。
僕は元々そういうつもりではあったのだけれど、
こういう約束を交わせることは嬉しいことだ。
今年は色々とあたりまえのあたりまえじゃなさを
感じることの多い一年だった。
決してあたりまえじゃないのだろうけれど
あたかもあたりまえのように
約束を果たすことができたのならば、
それはとてもよいことのように思える。
帰りにバスに乗りながら、 
書いて頂いたメッセージを読ませてもらった。
うれしい。
お越し頂いた方々、お世話になった方々、
気に掛けて頂いた方々、本当にありがとうございました。