ひそひそまつり

日々のことをひそひそと。

試食

午前中に
買い物へ行く。
娘は少し
公園で遊ぶ。
今日は久々
晴れ間が見える。
だが風は冷たい。
スーパーで
試食をしていて
娘はそれを貰う。
食パンの上に
ピンクグレープフルーツと
生ハムがのっている。
食べた娘は
食パンが美味しかった
と言ってた。

f:id:hisohisomaturi:20240224201556j:image

時間

今日は娘の友達が
家に遊びに来るので
午前中の内に
おやつのドーナツを
娘と買いに行く。
帰り道で娘が
楽しい時間は
過ぎるのが早いけど
そうでない時間は
過ぎるのが遅いのは
なんでなんだろう
と言う。
午後から娘は
友達と遊んでいて
僕と妻はさんぽがてら
図書館へ。
妻は予約していた本を借り、
僕も谷口ジローさんの
歩く人を借りる。
家に帰ってから
おやつに珈琲と
ドーナツを食べる。
娘の友達が
帰る時間になり、
娘と一緒に送っていく。
雨がぱらぱら降っていて
傘をさして二人は
楽しそうに話している。

f:id:hisohisomaturi:20240223200817j:image

f:id:hisohisomaturi:20240223200826j:image

友達

f:id:hisohisomaturi:20240222210117j:image

昨日は娘の授業参観で
妻が観に行った。
娘には3年生になって
とても仲良しになった
同じクラスの友達がいる。
教室の後ろには
生徒達が書いた作文が
掲示されており、
娘は妻が来たら
その仲良しの子の作文を
見せたいと言っていた。
教室に行った妻が
娘に教えてもらって
その子の作文を見ると
3年生になってよかったことは
娘と仲良しになれたこと、
といった内容の作文を
書いてくれていたそうだ。
娘はそれがとても嬉しくて
妻にも見て欲しかったし、
妻もそれを見て
じんわりとうれしいなと
かみしめたそうだ。

 

今日も雨降り
今週はずっとそうだ
出掛ける時
傘を持とうとすると
妻が自分の傘を
貸そうかと言ってくれる
僕の傘は少し壊れかけている
僕は傘をしばしば
どこかに置いてきてしまったりするので
失くしたら大変だしいいよ、
と答える。
妻は今使っている傘を
使うようになってから
しばらくの間
傘を失くしていないそうだ。


I often lose my umbrella.

 

f:id:hisohisomaturi:20240221221134j:image

万物生

朝、寝室の窓を開けると
霧がかっている。
妻が霧雨が降っているという。
まだ布団の中にいる娘が
「霧雨ってなに」
と聞くので
「すごく細かい雨」と答える。
ラジオから
この時期に降る雨を
万物生と呼ぶことがあり、
それはありとあらゆるものに
新たな命を与える春の雨の事だと
いう話が聞こえる。


This morning, it was drizzling.

 

f:id:hisohisomaturi:20240220182106j:image

雨水

f:id:hisohisomaturi:20240219180628j:image

朝、空を見ると
灰色の雲が
空を覆っている。
今にも降り出しそうな
空だと妻が言う。
天気予報では
今週いっぱいは
雨が降ることが多いようだ。
気温はいつもの朝より
あたたかい。
仕事に出かけるころには
ぱらぱらと雨が降っている。
今日から二十四節気
雨水に入るようだ。


When I left for work, it was drizzling just a little bit.

すみれ

娘と自転車で
神社へ水を汲みに。
今日は京都マラソンなので
いつも通る道が
通行止めになっている。
ちょうど通る道が
ラソンの折返し地点で
ランナーがそこに置かれている
カラーコーンを
回っていく。
娘はその様子を見て
この間、学校であった
自転車講習の事を
思い出したそうだ。
自分達もカラーコーンを
回っていたと話す。
帰りの鴨川近くの道で
ちょっと止まってと
娘は言う。
道端にすみれが咲いてて
かーかに摘んで帰ると
娘は言う。

 

f:id:hisohisomaturi:20240218193724j:image