郊遊


郊遊 ピクニック
という映画を観る。
ツァイミンリャン監督
1シーンを長回しで撮影する。
お父さんが
顔の書かれたキャベツを
貪り食うシーンが
おかしくて哀しい。
映画を観てから
監督のインタビューを読む。
興味深いと思う。

✳︎✳︎✳︎
「(演劇を)劇場で観ることは家でテレビを見ることとは違います。少なくとも、本質的に同じであるわけがない。これは映画館にも言えることです。今、あらゆるものが混同されているのではないでしょうか。」
ツァイミンリャン監督のインタビューから抜粋
✳︎✳︎✳︎

エスさんの講座。
今回も面白い。
松本さんや木村さんが
話されていて
それに応じてエスさんが
言ってたと思うけれども、
言葉にならない
何がしかの存在を意識して
そこにもどかしさなりなんなりを
感じている人と
日曜の昼下がりに話せるってことは
貴重なことだと思った。