読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

f:id:hisohisomaturi:20170509201844j:image

朝食に苺が出て
娘は早々に
自分の分を食べてしまう。
大きな苺で
僕の分を半分にして
娘に半分食べていいよ、
と渡す。
娘はいいと首を振り返してくる。
僕の分はまだあるから
と皿に残った半分の苺を見せると
渡した半分の苺を
娘はパクッと一口で食べた。