f:id:hisohisomaturi:20160504220144j:image
朝、娘が泣いてて
行ってみると
扉にドアを挟んだみたい。
抱っこして
どうしたのと聞くと
挟んだ指を見せてくれる。
***
岸本さんのエッセーを読んでいて
想像力が素晴らしいと思う。
***
夕食後、娘を抱いて散歩。
いつもの商店街のベンチは
しまわれているし、
いつもの犬を家の中に
入っている。
それにしても
日が長くなったなあ。
***
靴を磨く。
習慣について考える。