未明の闘争


ようやく
読み終えた、
いや、
最後のページまで
めくった
未明の闘争。
読み始めたのが
多分、
去年の11月くらいで
それから
読んだり
読まなかったりを
繰り返してた。
途中、
内容についてけなくて
何の話しをしてるのか
わからなくなったり
したけれども
面白かったか、
と聞かれると、
面白かった。
じゃあ、どこが、
と聞かれると
難しい、
なんか面白かった。
作者の保坂さんは
多分色んな所で
小説を通して考える、
ということを仰っているけれど
そういう在り方って
至極真っ当なんじゃないかなあ。