拍子木

コンロに火をつけて
牛乳をあたためる。
外から火の用心の
拍子木を鳴らす音が聞こえる。
拍子木と言うんですね、あれ。
あの「火のよーうじん」
と言ったあとでカンカンと鳴らすやつ。
なんて言うんだろうと思って
インターネットで調べたのです。
家の前の坂道を
拍子木を鳴らしながら
上っていく。
結構きつい坂道なので
しんどいだろうなあと思う。
いつも自転車から降りて
押しながらその坂を上っている。
最初の頃、いつかこの坂にも
慣れるのだろうなあと思っていて
まあそういえば慣れてきた気もするが
やはりしんどいはしんどい。
あたためていた
牛乳が沸騰してきた。
考え事をしていたりすると
沸騰させすぎて
ふかしてしまうことがある。
今日はよいタイミングで火を止めた。
そういえば今日は雪が降るって
ことだったけど
こちらは降らなかった。
拍子木の音が遠ざかっていく。