頷き

大阪へ出掛けた。
かなり歩き回った。
昼食に入ったうどん屋さんが
とても美味しくて、
幸せな気分になった。
淀屋橋から京阪で帰ってきた。
行きも帰りも電車の中では
ほとんど寝ていた。
出町柳に着き、
無性にビールが飲みたくなったので、
お好み焼き屋さんへ行き、
お好み焼きとビールを頼んだ。
お好み焼き屋さんのテレビでは
ドラマの「家政婦は見た」シリーズがやってて、
この家政婦役は確か、
市原悦子さんがしていたと思うのだけれど、
今は米倉涼子さんになっているみたいだった。
時代は変わっていくものなのだなあと思った。
それとも、又、別物のシリーズなのだろうか。
お好み焼き屋さんで
辻征夫さんの「ゴーシュの肖像」という本を
読んでいた。
そこに出てきていた一文、
『もちろん、数少ないお客様に、
単純極まりない芸をお見せするのである。』
というのに、
ビールの小でほろ酔い気分の僕は
深く頷きたい気分になった。