はねのようなことば。

雨降り。
京都自由学校
詩と語りのワークショップ
今年度の最終回だった。
かぜのねさんで一品持ち寄りの
お疲れ様パーティーをすることとなり
僕は枝豆を茹でて持っていった。
今年も6月から半年ほどかけて
皆が紡いでいった言葉が
「はねのようなことば。」
という一冊の詩集となった。
スタッフをしてくれている松本さんが
やっぱり、こうやって詩集という形でまとまると
なんかすごいなあと思いますねえ、
と8年目にも関わらず
初々しい感想を述べられていたのだが
それはほんとそうだと思う、
僕もやっぱりすごいなあと思う。
皆さんの講座を終えての感想を聞いていて思ったのは
まあなんと言ってもこの講座のチューターである
エスさんの言葉に対しての態度が
この講座に人を寄せているのではないか、という事だ。
なんにせよこの場も又、
とてもたいせつな場所なのだと改めて思いました。
家に帰ってから
牛乳を温めている間に
「はねのようなことば。」を読んでいたら
ちょっとそっちに気をとられ過ぎて
牛乳をふかしてしまいましたよ。