快晴

黒宮夫妻がされている
工房いろ絵やさんの展示にいく。
会場は北区から丸太町に移転し、
リニューアルオープンとなる工藝百職さん。
今回はそのオープニング記念として
いろ絵やさんが展示をされたのだ。
オープニング記念ということもあり、
会場は賑わっていた。
展示を観にいったら、
いろ絵やさんのカップでサーカスコーヒーさんの
美味しいコーヒーもサービスしてもらえて、
お得な気分になれた。
会場は賑わっているのだが、
黒宮夫妻はいつも通りの黒宮夫妻で、
そういう所がとても素敵だと思う。
創られる作品と同様に
お二人からも、そこにじっとしていたくなるような
静けさが漂っていて、
僕はそれがとても心地よいと思うのだ。
気に入った箸置きや皿を購入して帰り際、
旦那さんである大輔さんと話をしていると、
昨日、道を歩いていたら、
前を歩いていた人が「今日は年に6回位しかない快晴の日だ」
と話しているのを聞いたそうだ。
たしかにその日はとても天気がよい日であった。
年に6回というのが何の基準なのかはわからないけれど、
なんだかそんな風に言われると
とても貴重な快晴の一日であったような気がした。