当事者

ハナレズで
やぎーさんに渡して貰って
今、メンバーの間で
回覧している本がある。
今度の舞台のテーマに
深く関係してくるその本。
ちょうど自分の世代位の人が
抱える問題について
書かれていて、
身につまされる、と言おうか、
痛々しいと言おうか、
他人事ではないと言おうか、
そんな気持ちで読んだ。
ここに書かれている事と言うのは、
もしかしたら、
これまでに自分がそのような状況に
なったかもしれず、
又、今後、そのような状況が
訪れるかもしれず、
当事者に近い所で、考える所の多い
題材だったんじゃないか。
思い起こしてみれば、
自分の周囲にはすでに
そういった状況になった人が
いたかもしれない。
そん時に自分は
どんな事を感じていたかなあ、等々
色々思い起こされる本だった。