留守番電話

久し振りの友人に
用事があったので、
電話を掛けた。
留守番電話だった。
留守番電話は緊張するので、
嫌なのであるが、
まあ、さほど気を使わなくてもよい
関係性の彼であればということで、
この際だからボリューム感のある
メッセージを残してみようと思い、
「それじゃあ、留守番電話だからこそ
残せるメッセージを残したい」
と宣言してみた。
宣言はしてみたものの、
その後の展開については考えておらず、
しばらくしどろもどろになった後、
また、電話します、
と言って電話を切った。