雨宿り

喫茶店で珈琲を飲んでいたら、
雨が降ってきた。
自転車なので、
しばらく雨宿りをしようと
先日、友人から頂いた
片桐はいりさんのエッセー
「わたしのマトカ」
を読み耽る。片桐さん、面白い。
ふと顔をあげると
前の通りを
おばあさんが
傘をささずに平然と
歩いていく。
止んだかな、と思って
目を凝らしてみると、
結構降っているように見える。
次に通る人はやっぱり
傘をさしていた。
ああ、さっきのおばあさんは
雨の中でも
あたかも降ってないかの如く
平然としていられる
おばあさんなんだな、と思い、
もおしばらく雨宿りを続ける。