こぼれる眠り

豊島さんとお会いした。
この間、「トニー滝谷」を観たと話をしたら、
豊島さんはそれを劇場で観ていて
宮沢りえさんが「消え入ってしまいそうな美しさ」
だったと話してくれた。
なるほどなあ、と思った。
色々と興味深い話をすることができた。
話をしている内に自分も思い出すことなんかがあった。
「眠りがこぼれてしまっているおじいさんの話」
はなんだかわからないのだけれど
よくわかるような気分になった。
ゆっくりじっくりと創作を重ねてゆければよいなあ。
そんな風に思った。