宿屋の敵討ち

朝、喫茶店で本の続きを読む。
ムーミン谷の仲間たち』
「世界でいちばんさいごのりゅう」
おそらく人それぞれに
感情が喚起される
ポイントのようなものが
あると思うのだけれど
このお話は僕はかなり切なかったです。
ムーミンがとてもりゅうを可愛がるけれど
りゅうはスナフキンになついてしまうという話。
昼からはアトリエ劇研での
劇研寄席へ。
今年で10回目の開催ということで
演者の皆さんはこれまで行った中から
セレクションした演目をされました。
面白かった。
二口さんは「火焔太鼓」をされるのでは
と思っていたけど「宿屋の敵討ち」をされました。
これも又、面白くて好きな話。
かなりボリュームがあるのだけれど、
それを感じさせず、
魅入ってしまうので二口さんすごいなあと思いました。
僕もここ何年かは
1月3日には劇研で寄席を観ているのですが、
こうやって継続していける場があるのは
素晴らしいことだと思いました。
又、来年も見れたらいいなあ。
楽しみにしています。
家に柳家小さんさんの
「宿屋の敵討ち」のCDがあったので、
それを聞きつつ日記を書いています。
さて、明日から仕事です。