もちもち

自転車で川沿いを走っていて
いつかよく晴れた日に
とても楽しいことがあって
その場所へ向うのに
川沿いを自転車に乗っていて
ちょっとおしゃべりに夢中になってしまい
川にはまってしまって
その楽しいことにいけなくなったら嫌だなと
突如不安になった。気をつけなくちゃと思った。
川沿いには昼からお酒を飲んで
昼寝をしている人だとか
揃いのレンタサイクルで走る
外国人の方々だとか
(そのレンタサイクルの色は淡いスカイブルーで
遠くから見るととても綺麗な色だった)
平和そうに過ごす猫の親子だとかがいた。
僕は昼ごはんを川沿いに腰掛けて
パンを食べたのだが、
そのパンはもちもちとしていて
とっても美味しかった。