水風船

上司の家に泊まりに行った。
晩ごはんは「鳥貴族」に行こうかという
話だったのだが、僕達はその日の昼に、
定食で鶏ロースを食べており、
鳥はなんかもういやだなあということになり、
結局、駅の近くのスーパーで刺身とか買って、
上司の家で手巻き寿司をすることになった。
準備が出来て、ビールを飲み、サッカーの試合をテレビで見ながら、
手巻き寿司がはじまった。
2個くらい食べた所で上司から
「1個あたりに入れる米の量が多すぎるぞ。
それじゃ手巻き寿司じゃなくておにぎりだ。」と指摘を受けた。
なるほど、その通りで僕は4個くらい食べた所ですでに、
お腹がいっぱいになっていて、
そんなことでは用意した具が残ることになり、
それらは上司がビールを飲みながらちびちびと食べていた。
サッカーの試合が終って、ボクシングの試合がテレビでしていて、
僕はそれを寝転んで観戦していたら、
いつのまにやら居眠りをしていて目覚めたら、
最終ラウンドくらいで、僕は多分、
居眠りしていたことは上司は気付いてないだろうと思って、
あたかもずっと試合を観ていたかのように
「面白い試合ですよねえ」と言ったら、
「なんや、起きたんか。」と上司に言われた。
僕が風呂から出たら、上司と飼われている猫が寝転んでいて、
どちらともなんだか心地良さそうで、
猫はすこしぽっちゃりとしているから、
寝転んだ時の形がまるで水風船みたいだなあと僕は思った。