読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ少し鼻声のような気はするけれど元気になった娘。虫、という言葉を覚え、この間、虫、と娘が言ってた時はそこに蜘蛛がいたそうだ。今日、虫といって指していたのはゴミだったけれども。

絵本

昨日、お医者さんに行った娘は大泣きをしてそんだけ泣けたら大丈夫だね、と先生に言われて、熱もひき、少し咳は出るけど元気そう。今日も朝から絵本を読んでる。

食欲

娘は夜に熱がでる。朝、起きて妻に林檎を擦ってもらい美味しそうに食べる。それからパンを食べてスープを飲む。熱っぽいんだが食欲はあるみたい。妻にお医者さんに連れて行ってもらう。

林檎ジュース

夜中に娘が熱を出す。コホコホと咳も出る。暑いから水分とらなくちゃとお茶を渡すが飲まない。ところが林檎ジュースを渡されるとごくごくとすごい勢いで飲み干した。朝、6時前に目を覚まし、絵本が読みたいと持ってくる。まだ少し熱っぽい。

扇風機

夜、寝ていて布団から転がり落ちた娘は泣きながら妻を呼び元に戻してもらう。けれどもまた、布団を転がりゆく娘。暑くなってきたから寝てて動くんだろうなあ。家は昨日、扇風機を出しました。

葉っぱ

植物園に行くと娘は落ちている葉っぱを拾いこれはにゃあにゃあに、とかこれはぴょんちゃんに、とかお土産用に選んでいく。道に並んでいく葉っぱ、大きいのやら小さいのやら色も様々で、娘は素敵な遊びを見つけるなあと思う。

ペッパーさん

出先でペッパーさんと会う。怖がるかと思ってたけど娘は興味津々。ペッパーさんはリクエストすると音楽に合わせて踊って下さる。娘はペッパーさんに深々とお辞儀をしてペッパーさんと一緒に踊っていた。

今日の人生

益田ミリさんの今日の人生はとても素敵な本な訳だがなんとなく本屋へ行きなんとなく手に取ったその綺麗な装丁の本がこんなにも響いたのはこちら側にとってそういうタイミングだったというのもあるように思う。

足が大きくなったので娘は新しい靴を買ってもらった。それが嬉しいようで持ってきて見せてくれた。新しい靴を仲良しの猫のぬいぐるみがはきたいって言ったらどうするって娘に聞いたら自分のだからそれはだめだって娘は言った。

岐阜市立中央図書館

お酒を飲んだ次の日の朝。すこししんどい。たまたま知った岐阜市立中央図書館。行ってみたいなあ。

缶バッジ

先日、小さい部屋さんでトラネコボンボンさんの缶バッジを購入。娘は自分の服にその缶バッジを付けたがる。そして仲がいい猫のぬいぐるみにはまた別のバッジをつけてお揃いで嬉しそう。

背筋

妻と黒柳徹子さんのインスタグラムを見ながらお元気だなあという話しをする。そこから妻がこの間フリーマーケットに出店した時にいたおばあさんの話しになる。そのおばあさんはとても溌剌としてて姿勢がよくて白いズボンを履いててきものの生地で自分で作っ…

食事

朝食前、娘が静かだなあと思い、部屋を覗いてみると自分がよく遊ぶぬいぐるみを出し、一列に並べておままごとの食べ物、パンやら果物やらをぬいぐるみの前に並べている。なかなか忙しそうだ。

娘が歌を歌う。なんの歌でもないしなにをいってるのかもわからないけれどもとにかく楽しそうに気分よさそうに口ずさんでいて聞いていると楽しくなる。

雨降り

久々にお酒を飲んで帰る。帰り道は雨降り。久々だからか頭が痛くなる。

お引越し

庭を見て娘がぽっぽ、いない、と言う。庭の枇杷の木に巣を作ったメジロ。巣立っていった。少し寂しいのと無事巣立ててよかったなあというのと。娘がぽっぽいない、というからぽっぽ、お引越しかなあと僕は娘に言う。

おおきい、ちいさい

おおきい、ちいさい、という言葉を覚えた娘。動物園に行った時も大人のキリンを見ておおきい、子どものキリンを見てちいさい。椅子の上に立ちおおきい、椅子から降りてちいさい。朝食の時、食パンをちぎり口に運ぼうとしたパンが大きいんじゃないかと思って…

朝食に苺が出て娘は早々に自分の分を食べてしまう。大きな苺で僕の分を半分にして娘に半分食べていいよ、と渡す。娘はいいと首を振り返してくる。僕の分はまだあるからと皿に残った半分の苺を見せると渡した半分の苺を娘はパクッと一口で食べた。

唸り声

昨日、動物園に行ったので、朝食を食べている時に娘になんの動物が気になった?と聞いてみるとくー、という小さな唸り声。どうやらずっとごろごろしてたライオンの事が気になったようだ。

お弁当

いい天気。今日は出掛ける予定で妻が娘にお弁当を作ってくれた。娘はそれが嬉しくて気になるらしく朝ごはんを食べる前からそのお弁当を手に持ち、玄関で靴を履こうとする。何度か朝ごはんを食べてからね、となだめられて娘はようやく朝食の席につく。

パン

娘と時々行く玩具屋さんにはおままごとの小物が売っている。昨日、娘はパンが好きだから気にいるかなと思ってフランスパンの玩具を見せると、「パンパン、おっきい」と言って、興味を示さず、置いてしまった。朝ごはんの時、娘はパンをスープに付けて食べて…

サファリ

昨日、叔父から娘に「サファリ」というしかけ絵本を頂いた。これがよく出来た本でページをめくるたびにそのページの動物の写真が動く。フォティキュラー、という技術が使われている、との事だけど不思議な本だ。娘もこの本に興味深々で特に今、気に入ってい…

アリス

叔母の家にはアリスという猫がいて人見知りな猫だからなかなか訪問者の前には姿を現さないんだが、叔母の家に遊びに行った僕と妻と娘の所へ従兄弟がアリスを抱いて連れてきてくれた。慣れない人の前に来てアリスは身体がこわばっていた。従兄弟が妻にアリス…

巣立つ

朝食を食べていた時、妻が庭の葉が揺れている事に気付いた。見ると、木の枝にメジロの雛がとまっている。「巣から落ちてしまったんだろうか」「戻してあげた方がいいんじゃないか」妻とそんな話をしていると、メジロの父と母がやってきてその雛と言葉を交わ…

仕草

窓から庭を見た娘が「ポッポ、マンマ〜」と声をあげる。庭を見てみると、枇杷の木にあるメジロの巣からメジロが顔を出していて口を大きく開けている。娘がいうのは、メジロはお腹を空かしてて、マンマ〜と声をあげているんだ、ということだと思う。それはま…

昨日、妻の友人のりんごちゃんから娘の眉と僕の眉は同じ形をしていると言われた。娘の眉は漢数字の八のような困り眉なんだがはてさて僕もまた困り眉だったのか。朝、ジョギングをしながら自分は困り眉だったかなあと思う。

海岸

妻の友人に会いに兵庫へ。待ち合わせの時間まで海岸へ行く。娘はご機嫌斜めで泣いて、抱っこされてたけど砂浜を歩き、波打ち際まで行くと自分で歩き出す。寄せて返す波を見て、足で砂浜に穴を掘ったりして遊ぶ。ゆっくりする時間はなかったけど家にいる猫の…

藤の花

ご近所の家の庭の藤の花が咲いていると妻から聞いた。妻は季節の花によく気付くし詳しいのだが僕は無頓着で大抵気付かず通り過ぎてしまう。娘は季節毎に咲く花に興味を持って楽しめるようになるといいなあと思う。

タッタッタッタ

タッタッタッタと娘が言うのは所謂、おいかけっこのこと。娘とぬいぐるみを抱き、おいかけっこをする。そのタッタッタッタが娘は好きなんだが、風邪をひいたからここの所はタッタッタッタができないでいる。風邪は大分治ってきたから娘はそろそろタッタッタ…

パンパンとスーポ

朝、起きて、娘は声がかすれている。熱はひいたみたい。妻が朝ごはんを用意してくれてる後ろで娘はかすれた声でパンパン、スーポ、と言っている。パン、とスープを要求する声。少し調子よくなってきたかな。

風邪

娘は風邪をひき、熱を出す。妻も僕も風邪気味で皆で風邪をひくとわ。娘は妻に渡してもらったそれほど冷えてないアイスノンを腕で抱えてて、気持ちいい?と聞くとうん、と頷く。

妻も僕も娘も風邪気味に。娘は鼻がつまり、咳をして、あまり咳をするという事がなかったから自分でびっくりしてしまい、咳をする度に妻を呼びながらわーん、と大きな声で泣く。はやく治るといいなあ。

ビーバー

最近、娘が図書館で借りてきた絵本を読んでると通りすがりのキャラクターでビーバーが出てくる。娘はこのビーバーが気に入ってるみたいで出てくるとビーバー、と言う。娘が発するビーバー、という言葉の響きが面白く、朝ごはんを食べている時に娘にビーバー…

どんぐり

植物園へ。妻と娘とどんぐりを拾う。明日、妻と娘は友達に会うのでその時に遊ぶ用にたくさん拾った。日が照ると暖かい。それから娘はこの間、植物園で猫を見掛けたのでその猫を探しに行く。今日は見つからない。お出かけかなあ、という話になった。

水族館

娘と水族館へ。2回目という事で少し慣れたのか、前よりは魚に興味を示す。でもやはり着いたらすぐに妻が用意してくれたおにぎりを食べたがる。イルカショーは見たがらない、ペンギンには興味を示す。娘がこぼした米粒をつつきにきた雀に一番興味をしめした。

珈琲ドリッパー

珈琲を淹れようとしてくれていた妻が珈琲のドリッパーがないことに気付く。そういえば昨夜、娘がそれで遊んでいた、どこにやったか、まだ娘は寝ているが起きて聞いてもわからないだろうなあ、こういうのって思いもしない所から出てくる、と何気なく妻が引出…

ニャーという猫の声やカーというカラスの声やクーというイルカの声やクォーというライオンの声を娘は真似て出すことがありその声にびっくりすると娘は満足そうな顔をする。

歯磨き

娘に歯を磨こうと言うとまずぬいぐるみの猫が出てきて歯を磨き、うさぎが出てきて歯を磨き、それから熊、犬、、、と出てきて最後に娘の番になる。だから結構時間がかかる。結局、娘は歯磨きが苦手で泣いてしまうわけなんだが。

めじろ

庭を見ながら娘がぽっぽ、いない、と言ってる。うちの庭のびわの木にめじろが巣をつくっており、いつもそこからめじろが顔を出しているのだが、見てみると、確かにそこにいない。散歩にいったんかなあ、などと話す。少し経つと、娘が庭を見て、ぽっぽ、ぽっ…

昼以降、強い雨が降る。娘は昨日から猫のぬいぐるみと箱に入り、北海道のじいじとばあばに会いに行く、と言ってたらしいけど、天候不良によりそれは中止になったもよう。

CDを流していたら、パスカルズの「犬」という曲になった。すると娘がお気に入りのぬいぐるみを抱え身体でリズムを取り始めた。なんか日曜日の朝、という感じだ。そういえばこのCDは娘が妻のお腹にいた頃に観に行ったライブを録音したライブ版CDなのだ。

おいしい

娘が昨日、言えるようになった言葉、おいしい。今朝、朝食のホットケーキを食べながらおいしい、と何度か言ってた。おいしい、はできるだけ多く、なんだったら毎日でも言えるといいなあというような言葉なんだよと娘に教えてあげたい。

パン

台所で朝食の用意をする妻の後ろで「パン、パーン」とパンを要求する声が響く。娘によるとそれは娘が抱いている猫のぬいぐるみがパンを食べたがっている声であるそうだ。

コーン

朝食のお皿にのってるコーンを娘はひと粒、ひと粒、小さな指でつまみ、自分のスプーンに置いていき、それを食べようとスプーンを持ちあげて口に運ぶ時にコーンを全部こぼしてしまう。

おにぎり

朝ごはんはおにぎり。娘はおにぎりを食べてて妻の食べているおにぎりを見て、自分のを机に置き、妻のたべてるおにぎりを食べたいと訴える。妻のはもうおにぎりの中のかつおが見えてて、娘はそれが食べたかったみたい。食べてたらかつおは出てくるからね、と…

長靴

朝から雨降り。先日、娘の長靴を買った。娘は嬉しいらしく、雨の降らない日の散歩に長靴をはいて出て行ったが、途中でやっぱり普通の靴がいいと家に戻ってきたらしい。窓の外のよく降る雨を眺めつつ「こういう雨の日に長靴をはいて出掛けるんだよ」と娘に言…

マユミ

朝、着替えると娘は妻から小さなコップを受け取り、そこに入った水をマユミという植物にあげるのが最近の日課になっている。時々、娘がその下の畳をじっと眺めてるのは的を外して水を零してしまったからなのだ。

桜が満開を迎えている。小さい部屋さんにある桜の木も花が綺麗に咲いている。娘と小さい部屋さんの外にある階段で桜の花びらを集めてそれをふわっと宙に浮かして遊んだ。風が強めで、上手にその花びらを散らしてくれる。娘は風に乗る花びらを見て、わあ、と…

林檎

眠る前に布団に入り妻が娘にお腹の中にいた時、何を食べていたの?と尋ねる。娘はしばらく考えて「でぃいい」と答える。娘の言う「でぃいい」とは林檎のことだ。

いちご

朝食のテーブルにでぃいい、が載っている。でぃいい、というのは娘がいうところのいちごのこと。いちごを脇目に娘は朝食中も気が気で仕方ない。食卓を囲む娘の好きな猫のぬいぐるみにでぃいい、をひとつあげようか、と娘に言うと、それは嫌だと首を横にふる。