おおきい、ちいさい

f:id:hisohisomaturi:20170510200325j:image

おおきい、ちいさい、
という言葉を覚えた娘。
動物園に行った時も
大人のキリンを見て
おおきい、
子どものキリンを見て
ちいさい。
椅子の上に立ち
おおきい、
椅子から降りて
ちいさい。
朝食の時、食パンをちぎり
口に運ぼうとしたパンが
大きいんじゃないかと思って
僕が、おおきい、と言うと
娘は首を振り、
パンを口にいれて
もぐもぐしながら
ちいさい、と言う。

 

f:id:hisohisomaturi:20170509201844j:image

朝食に苺が出て
娘は早々に
自分の分を食べてしまう。
大きな苺で
僕の分を半分にして
娘に半分食べていいよ、
と渡す。
娘はいいと首を振り返してくる。
僕の分はまだあるから
と皿に残った半分の苺を見せると
渡した半分の苺を
娘はパクッと一口で食べた。

パン

f:id:hisohisomaturi:20170506182454j:image

娘と時々行く玩具屋さんには
おままごとの小物が売っている。
昨日、娘はパンが好きだから
気にいるかなと思って
フランスパンの玩具を見せると、
「パンパン、おっきい」と言って、
興味を示さず、置いてしまった。
朝ごはんの時、
娘はパンをスープに付けて食べてて、
大きいパンはスープに入らないので
ちぎって貰って、スープに付けて
食べている。
娘にしてみたら
パンはスープにつけれる大きさ、
という事は大事なことのようだ。